ユカと祐介

#01「コーンの缶の底に残るコーンになりたい」

いま、液体の中で何粒かのうちの1粒になるくらいなら、
残されても嫌われてもコーンの缶の底にのこるコーンになりたい。

個性って大切。
学校では「みんなちがって、みんないい。」そんなことを教えるのに
なんだかんだ、出っ張った釘は打たれるシステムになっている。

友達に嫌われないよう、先生にほめられるよう、親に迷惑をかけないよう、
高校生までの自分は飲みたい時に素直に入ってくるスープの中のコーンでいるよう努力した。

それは何も変わらない日々。

高校受験の面接で答えた「あなたの長所はなんですか?」
当たり障りもない人生を過ごしてきたから、スープに流されて何を言ったかすら思えていない。

自分の味を出すのが怖くて、スープの中に隠れていた私は
そんな中、美術系の大学に進学することにした。

別に個性を伸ばしたい訳じゃないし、自分を変えたいなども一切なかった。
ただ単に勉強するくらいなら、ものを作るのが好きだったし
そういうことで4年間を過ごせれば楽しいな程度だった。

しかし、いざ入学すると、そこにはちょっと癖があって主張の強い缶の底に残るコーンの様な人ばかりだった。

それぞれ個性という武器を持っていて、缶の底にいてもなんだか食べたくなるほど魅力的。

缶の底に残った人々は何より強い自分の意思をもっていた。

一部の人は置いて行かれて底に残った人もいるのかもしれないが、
しっかり底でのアピールの仕方を知っていて、自分のものにしていた。

流されていた自分が恥ずかしくなって、わたしも缶の底で主張してみることにした。

たまに嫌がられたり、時には捨てられたりすることもあったけど、
頑張ってやっと出てきたコーンは、なんだかおいしい。

私はこれからも缶の底で主張し続ける。

1章節が1曲のような「祐介」はまるでCDアルバムのような本だった。
その魅力を伝えるため、CDアルバムのような形の書評にしました。

後藤 優佳

このページをシェアする