コウヘイと祐介

しみったれた人生を送ってしまった。
はや25年である。
なんだか全身しみったれている。
何かが、べっとりと僕の中に住みついている。
そのべっとりしたものが原因なんだろう。
こいつ、多分、リビドーだ。
こいつのせいでぼくは悩まされている。
こいつが勢いよすぎて女の子が寄ってこないのか。
別にさみしくない。さみしいわけではないが、
僕のリビドーがそれを許してくれない。
デートしようか
ふと思ってみた。目的は何か。
キッスか。それじゃあリビドーが許してくれない。
というか、そもそも相手はいるのか。
ラインをインストールしても女性が降りてくるわけでもない。
何度こすっても、こすっても、こすっても。
女性に触れたい。
ふと外に出てみた。コンビニ。
触ることのできない雑誌を見つめる。
リビドーにドーピング中だ。
ふとコンビニに来たカップル。
あきらかに未成年の女
と、酒を買う男。思いの外、目の死んだ男。
何か言おう。
どうして僕は追っかけてるんだろう。
特に楽しげなく歩いて行く二人。女も目が死んでいるように見える。

ぎこちない二人。僕の中に眠るこいつに較べたら・・・
古びたアパートに入っていく。
別にその未成年らしき女がタイプというわけではない。

限りなく透明に近い青色のコンドームでも使っているんだろう。
彼らには青色が広がるのだろう。
「やることやるんだろ」と、
一つ屋根の下の、そのまた僕の下のリビドーがそう叫び続けている。

岩田 康平

このページをシェアする